BLOG

爪と足裏の毛について🐾

2020/05/02

こんにちは❣️ Dogsalon KENCHERRYです🐶

 

緊急事態宣言延長するみたいですね(´・ω・`)

でも、第2波も心配されていますし、ここでしっかりと自粛をしてコロナを完全に収束させる方が、良いのかもしれませんね💦

医療従事者の方々、本日もありがとうございますm(._.)m

 

さて本日はわんちゃんの生活の中で、とっても重要になってくるお世話についてお話ししたいと思います❗️

 

 

*爪

 

わんちゃんの爪ですが、人との構造が違います。

爪の中に血管があります。

また爪の色も犬種や個体によって様々です。

爪が透明の子だと、爪の中にうっすらとピンク色のものが見えると思います。

それが血管です❗️

これが黒爪の子だと全く見えないので、爪切りをする時が大変です💦

 

お家で爪切りをする場合、この爪の中の血管を切ってしまうとわんちゃんはとても痛いので、爪切りが大嫌いになってしまう可能性が大きいです(><;)

一度爪切りが嫌いになってしまうと、お家で切れなくなってしまう事が多く、しかたなくトリマーに出す…

という事がありますが、またここからが大変だったりします(´-`)

 

「大嫌いな爪切り」と「トリミングサロン」がその子の中で結び付いてしまうと、トリミング自体も嫌いになってしまう場合があるからです💦

 

なので、爪切りをする際には一気に切らずにちょっとずつ切る。

特に仔犬ちゃんで、初めて爪切りをする際には動物病院やトリミングサロンの人に相談したり、指導してもらったりするのがオススメです(・∀・)

 

また爪は伸び過ぎると、足に多大な悪影響があります(´つω・`)

絶対に伸ばしてはいけません‼️

 

伸ばし過ぎると、

・爪が何かの隙間にハマって取れてしまい大出血

・爪が巻いて伸びたせいで肉球に刺さってしまっている

・爪が伸び過ぎて、足の指の形が変形してしまった

・痛くて歩けない

などの様々な問題が出てきます💦

 

こんな事にならないように、必ず月に1度は爪切りを。

お家で維持したいのであれば、3〜4日に1度のヤスリや爪先だけ切るなど、こまめにお手入れをしてあげてください。

 

 

*足裏の毛

 

最近は室内で飼育するのがメジャーです。

そして室内はフローリングのお家が多いのではないでしょうか❓

 

このフローリング…

わんちゃんの足裏の毛が伸びてしまっていると滑ってしまって、ケガの危険性がとても高くなります↘️

下手をすると骨折してしまったり、足の形がおかしくなってしまったり、ヘルニアの危険性、股関節への負担など

とても多くの問題がでてきます(´;Д;`)

 

トリミングサロンでは、よほどの理由がない限りは、足裏の内側までしっかりとバリカンで毛を刈ります。

しかし、お家でやるとなると怪我をさせてしまう可能性があるので、無理をして刈ろうしないでほしいです💦

 

でもフローリングで滑ってしまうのは避けたいですよね❓

 

なので、伸びているようでしたら、肉球に被る毛のみをハサミで切ってあげて下さい(・∀・)b

その時に注意してほしいのは、ハサミの刃先で他の肉球や皮膚を切ってしまわないようにすることです(´・ω・`)

ポイントとして、ハサミの先だけで少しずつ切っていくのが怪我をさせないです✨

 

まだステイホームが続きそうで、トリミングサロンも行けない方もいると思います。

それでもわんちゃんのお手入れはしてあげなければいけません💦

少しでも、生活が良くなる為の役に立つブログ内容になっていれば幸いです♫

 

 

-------------------------------------------------------------------------------

*アクセス:〒107-0062 東京都港区南青山6-15-4 プラウドフラット南青山1F

*TEL:03-6712-6869

*Mail:aoyama.dsk@kencherry.com

*Facebook:https://www.facebook.com/aoyama.dogsalonkencherry/

*Instagram:https://www.instagram.com/kencherry.aoym/

*Select Shop:https://www.kencherry.com/

*Pet Hotel: https://kencherrypethotel.jimdpfree.com